ROLI BLOCKSを使う〜2. BLOCKS Dashboard 導入画面〜

BLOCKS Dashboardを使いこなす為には最初が肝心。
という事で導入画面をしっかり確認したかったので和訳してみました。

BLOCKS Dashboardへようこそ

BLOCKS Dashboardを使って、
サードパーティのソフトウェアでBLOCKSを使用する為の
環境設定やパーソナライズが出来ます。

BLOCKSをつなごう

BLOCKS Dashboardを使う前に、
BluetoothまたはUSBケーブルでBLOCKSを接続し、
電源をオンにする必要があります。

その他サードパーティの音楽制作ソフトウェアと
多彩な方法でBLOCKSを使うためのプログラムを開発しました。

しかしROLIではまた、Littlefootというスクリプト言語
みなさん独自のプログラムを作成する事も推奨しています。

BLOCKSのプログラム開発についてはこちらをご覧ください。

プラグラムモードでBLOCKSをカスタムしよう

プログラムを読み込むと、いくつかの項目をパーソナライズできます。
調整したプログラム設定は、
新しいモードとしてお好みの名称で保存してください。

最新のファームウェアに更新しよう

BLOCKSのファームウェアが古くなったら、
BLOCKS Dashboardが自動でお知らせします。

ファームウェア更新時に最良の結果を得るには、
1つのBLOCKをBluetooth経由で接続してください。

更新が完了したらBLOCKを再接続してバージョンを確認し、
取り外してから次のBLOCKを接続します。

BLOCKS Dashboardのチュートリアルとヒント

BLOCKS Dashboardの使い方をいち早く身につける為に、
BLOCKS Dashboardに関するチュートリアルやヒント、
その他の情報をこちらからご覧いただけます。

サポートページをご覧ください。

2017.7.9:初出タイトル「ROLI BLOCKSをDAWで使う(その2)」を変更

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です