ホントの自分ってさ。

IMG_7495

ホントの自分って、案外過去に置きっぱなしにしてるのかもね。

GW、久々に四捨五入して10年くらい会ってなかった懐かしい面々に会ってきた。いやー、もうそんなに時間が経ってたなんてなぁ。でもみんな全然変わってないのな。そんなめちゃ老けた感もなく。おいおい、もう世間ではおぢさんなんだけども。夢から醒めた感じ。自分の中で、時間が止まったままだったんだ。いやちがうな、その時に置いてきたじぶんに合流したんだ。ふしぎ!

今年に入って、特に2015年度末に仕事でいろんな事が重なって、ついでに自分自身の精神的な、表を何重にも覆ってきた部分でいろいろ破綻してきて、あれー?おれ誰ー?オレ今なにしてるのー?何したかったのー?みたいな状態になったあげく、最後は有耶無耶にしていたので、当時の“じぶん”を知る面々と久々に合って、面白い事に!当時の自分とも再会してきた!若返ったって事だな。だな?だなーッ!

30からずっと、自分という人間を知らない人たちの中で、ずっと歯を食いしばって、約9年間生きてきたんだなと、じんわりとして、その後サラッとして、最後にストンッ、と思った。確かに、地図があっても道に迷うし、切符もよくなくすし、一つの事しか見れないし、どっちかというとボケボケを誰かに突っ込まれてそっかー!とか言ってる、それがたぶん自然な、元々の自分なんだろうな。

しっかりとしなきゃいけなかったから、仕方なかったんだけども。そういう自分を見せたら駄目だと思うから、悟られたらつけ込まれる、弱い所を見せたら負かされる。たぶんそうやって、眉間にしわ寄せて、しわ寄ってますよとか言われて、細かい人だと思われて必死に9年間来てしまったのかなーとか思った。それはたぶん、きっと合ってる。

9年間過ごしてしまって、結局本来のじぶんのバカバカな部分を、今の周りの人たちはあまり知らない。誰かの「〇〇さんってこういう人」そういうイメージの中で、守ろう守ろうとして生きてきたのかも。それってかなり刹那い。あー。だから誰もじぶんの事なんてわかんねーじゃねーかとかヒネクレてたのか。そりゃ見せてないもんな。そりゃわからんわな。

9年間すべての自分が、本来のじぶんでなかった訳でもない事は知ってる。知ってはいるんだけど、知ってもらおうとはしてなかった。してない端から、様々な人々のイメージで生きてきてしまってるじぶんが、今この2016年、長野にでーんと居座ってる事に、今更ながら気づいたのかもしれない。

だから一人でいる方がラクなんだな?てっきり気を遣うのがヤなんだと思ってたよ。

そんな息を吹き返すような機会を与えてくれたみんなに、ありがとう。と言いたい。久々に会えて本当に良かった。また会おな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です