2007年3月8日Vi-code LIVE

My Name 今日は“色んな意味で”糧になった一日でした!聴きに来て下さった皆さん、聴いて下さった皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!



 時に―――今までとこれからの狭間に立ち迷っていたり、何を求めているかハッキリせぬままでいたり、自分を磨こうとキラキラしていたり、自信に満ちあふれ今を全身で楽しんだり、売り込みが第一で音楽が見えなかったり―――LIVEはその人の“今”をそっくりそのまま映し出す鏡なんでしょうかね。

 演奏者の環境や位置によって求められる事は違うとは思いますが、LIVEする以上演奏者の音楽がそこにある事が大前提。でもそれだったらCD聴けばいい。そんな事を考えるとき、つくづく音楽ってのは、本来生きている物なんだなーと思う。

 のっけから何だか思考モードですが(ぉ 先にも述べましたよーに今日は“色んな意味で”糧になったとです。最近何を考えてもバランスって言葉に行き着きますが、LIVEでは様々なバランスがミュージシャンの音やステージングの中に渦巻いておりますな。

 ステージという区切りがあるからこそ、その差から生まれる様々な流れ。その流れの先にあるものは?少なくとも今日の自分を振り返り、CDを売る事じゃ\(^O^)/ナカタ! という事だけは気づけました…(ノ∀T)反省。いや、CD売らなあかんのでしょうけど(笑)

 色んな“今”があるんですけど、どんな“今”が一番好きかというと、引き込まれる様な音楽にどっぷり浸かる事が一番大好きなんです。最近は「(人+音+心)×人=楽」みたいな“今”も素晴らしいですな、昔は素直に楽しめなかったんですが。もちろん凄いテクニックに唸ったりってのも刺激的だし、カッコイイ!って夢中になるのも好き。

 うーむ…あまりに身近で多様化しスギなんですね、ホント音楽のニーズって。でも今日はその方程式の、楽の後ろに「×金」が付け足された時、プラスかマイナスか、良かれ悪かれ、とたんにミュージシャンは厳しい消費世界にまきこまれていくんだなーとも感じました。

 人の中に能動的な感情が生まれてはじめて、人は動く。演奏者と聴き手の内からこみ上げる物、それが音楽。いんやー今日は本当にいい経験でした!さぁーてと…

反省会すっぞぉー…orz

2 thoughts on “2007年3月8日Vi-code LIVE

  1. 衣里

    お疲れ様です☆
    今月は残念ながら伺えませんが、
    来月どうやら…
    ウチの元メンバーと対バンになるって
    風のウワサで聞いたんで…
    もしその情報が正解なら…(><)
    楽しみ、にしていまーす♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です