遂にキタ。iPhone。

iPhoneMacworld 2007 KeynoteApple Inc.
(→参考:解説記事
毎年この時期はスティーブ・ジョブズにワクワクさせて貰える。何より、観客の驚喜に笑顔で応えるスティーブ・ジョブズが好きだ。最後に旬のミュージシャンのライヴで締めくくる、そんな音楽を愛しているスティーブ・ジョブズも好きだ。



 元マカー(Macユーザー)はWindowsにしてもゴミ箱は右下な別腹です(ぉ 斯くしてiPhone。これ、単にiPodに携帯電話がくっついただけではないなと(参考記事)。以前ブログでクリップした革新的なユーザーインターフェイスがさっそくもう商品として登場してしまった!!!本当にシンプルなユーザーインターフェイスはスタイラス(ニンテンドーで言う所のタッチペン)などではなく、スティーブジョブズも言うように指そのものって事か。撮影写真を拡大する時や、電話帳をめくる時などの直感的な操作体系には感動すら覚える【ここでデモがみれます

 どうやらこちらの記事によると、2008年アジアで展開される予定のiPhoneは、日本ですとiPodと携帯電話のセットを割賦(ローン)販売で展開しているこちらのキャリアになりそうですな。オレンヂ色の電話屋にとっちゃー脅威ですぞこりわ。さーどうする小野寺社長!!!

 もっとも個人的には、日本のインセンティブモデル(販売端末のコストを月額の料金で回収する日本独自の販売モデル)が、iPhoneの上陸によっていよいよ崩壊してくれるかもしれないという期待が高まっとります。インセンティブ制度の廃止を踏み留まっているD社やA社は、恐らく端末価格の高騰による市場の混乱を抑えたいからだと思うんですけど、本音はどこの会社も端末コストは「確実に」回収したい訳で。さすがにこれ程の「魅力」を備えたガジェットが登場するとなると、そりゃ499ドルしますって言われてもユーザーは納得でしょうよ。

 なんてったって、Google Mapがケータイから見れちゃうんですぜ奥さんッ!Google Earthで徹夜しちまった別腹にしてみると喉から手が出る程欲しい機能ですよ。しかもプッシュ型の(つまり携帯電話でいう所のメール)Yahoo Mail。そして動いているのは完全なマルチタスクMacOS X…スゲェ、スゲェぜ!4GBで499ドル、8GBで599ドルかぁー。確かに納得しちゃうけど、高ぇー(笑)電池の持ちが5時間ってのもチト考え物ですか。

 っていってもほぼ同様の事は、既に現在日本のケータイで実現している事だったりします。ただiPhoneの本当に凄い事は、「凄い事を凄く」分かりやすく魅力的にみせてしまう事にある。0円で簡単に手に入ってしまう我が日本の携帯電話市場では、携帯電話の定価が4万~8万すると言っても信じてもらえない。2008年、iPhoneの上陸によってその日本人の概念をガラリと根底から変えてしまう事を今から願ってやまない。そういう意味では孫さんに頑張って貰わないとなー。

 で、Appleは31年目をスタートさせるにあたり、Apple Computer Inc.からApple Inc.へ。なぬー“Computer”を捨てちゃったよ!30年という時を経たコンピューターは、もはや人間の日常において当たり前の存在になったという事でしょうか。うーむこれからどんな未来をAppleはみせてくれるんだろうなぁ、楽しみだなぁ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です