2006年10月22日RJ&BME’S LIVE

カバさん Mitsukoさんに頂いたカバさんですが、見れば見るほど、何だか泣いている様に見えて可哀想…ですが美味しく頂いちゃいました(ぉ 聴いて下さったみなさん、見て頂いた皆さん、RJのマスター・チーフ、ご一緒させて下さった皆さん、Mitsukoさんありがとうございました。



 ぼんやりがハッキリになる瞬間っていうのは結構残酷なのかもしれません。何の話かというと、漠然としていたものが鮮明になる時に感じる、発見した物に対する驚きと、だから故に見えてくる本質的な孤独の事です。こういう時ってなかなか言葉にできないものなんですね。

 ライヴの後ラーメン屋に向かう時間の中で、親友が僕の変わりにわだかまっていた気持ちを言葉に変えてくれました。ありがとう。やけに胸につかえるラーメンと餃子でしたけど、でも美味しかった。

 今日最後に歌われたお二方はとても、本当に素晴らしく眩しかった。言葉じゃない。技術じゃない。経験でもない。いや、勿論確かにそれはある。けれど最後に心を、人を動かすのは、伝えたいという気持ちだという事。

 打ちのめされるのを通り越し、むしろ清々しさすら感じました。信じる音楽の前でありのままの自分を表現しているその姿は、まさに“自由に空を飛ぶ鳥”の様に見えた。飛んでみせるのとはまるで次元が違うという事を、身をもって感じた一日でした。

2006年10月22日RJ&BME’S LIVE」への4件のフィードバック

  1. Mitsuko

    カバのアップに朝から鼻水出そうになりました…
    唯一形に残ったけれど、泣いているように見えますね~。

    昨日のライブはお疲れ様でした。
    何か、やっぱりこの日記、わかります。
    なんだろうか。
    3つのバンドが演奏し終わって、何だか交わす言葉が「…..」だったような。
    そういう思いが次へ繋がって行くと思うし、続けて行く事によって克服される部分もあると思います。
    RJさんに出演するバンドって、皆それぞれのカラーを持っているから~そのうちホリオカさんも濃いぃぃ~人になっているかもよ。
    また次を楽しみに~♪

  2. 別腹さん@管理人

    カバさんはホワイトチョコでしたw
    鼻を囓ると潤んだ瞳で見つめられ
    何だか凄くいたたまれない気持ちになりました…orz

    久々に凹めたというのは良い事でした。
    もっともそれ以前の、根底に流れていた
    自分の変化に一番びっくりでした。
    口に出す必要もない程分かりすぎて
    言葉にならない、というのが
    一晩考えて一番しっくり来る言葉かな?
    そう感じています。

    とにかく今は7日に向けて
    今の自分の音楽を信じます!(`◇´)ゞ

  3. RJち~ふ

    こないだはお疲れさんでしたん。
    わ~、こないな頂き物をされてたんですね。
    カバさんかわいぃヽ(^。^)ノ

    日曜日はカウンターで話しなかったから
    別腹さんに新入りのカエル君たちをご紹介できなかった。
    また次回来たときにでもご紹介しますね~!

  4. 別腹さん@管理人

    >カエル君

    うはw
    どんどん仲間が増えていってますね!
    日曜日はありがとうございました。
    カウンターではお話できませんでしたが
    僕はちゃんと沢山のお土産を
    マスターとチーフに頂きましたです!

    カーエールーの学校はぁ~
    あーあーるーじぇいー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です