第15回別腹スウィーツ『伊藤久右衛門の抹茶パフェ』(前編)

抹茶パフェはぁ~っるばーるっ来ったぁーぜっ伊藤久右衛っもーんっ~♪
あーっひゃっひゃっひゃぁあっほぃーっとぅ!来たぜ来たぜ遂に来たぜっ!京都宇治市は伊藤久右衛門にッ!!!
あびゃびゃびゃ(゚∀゚)”

高まる鼓動!唸る舌鼓!そうさそうさそうなのさ!呼んでいたのさ久右衛門!まっ!抹茶パッ!ま~っ茶パッフェーんがっ!
だっ!誰か止めてっ!!!



そんな胸の熱き高鳴りを何とか抑え、平等院鳳凰堂の拝観後に全神経を集中させるヲレ。平等院鳳凰堂から宇治橋を渡ってそのまま京阪宇治駅を通り過ぎ、小坂を上って少しすると…っぁあっ!そっ!そこにっ!そこにまします眩しい看板はっ!

抹茶パフェの看板 CAUTION!CAUTION!敵はすでに抹茶パフェの威力を認知している模様!視覚神経より不正アクセス発生!現在精神制御システムを異常をきたしている!警告する!すみやかにその場から離れよ!繰り返す!すみやかに伊藤久右衛門前から離れよぉぉおおおおおお!!!


宇治艦長 『…!何という事だ…!ま…まさかこんな事態に陥るとわっ!』
伊藤大尉 『艦長!もはや我々には止める事が出来ませんっぁあっ』
宇治艦長 『いかん精神が破綻しておるっ!…こ…このままでは皆の命をも危うくなってしまう!…どぁああっ!』

伊藤久右衛門玄関 そんなやり取りが脳内で行われていたかいなかったかなんざここまで書いておいてどーでもいいとして(ぉ いやーん玄関の暖簾かぁーいっ♪ボ…ボク…す…吸い込まれちゃうっ!ちわーっす!うひょおー!!!店内は整然とした和風だが近代的な佇まい。右が茶房、正面と左がお土産(スイーツ)左奥が茶葉販売コーナー。店員さんは可愛らすぃーおにゃにょこうわなにをするやftgyふじこlp;@!!!でもでも何だか妙に上品な空間で、皆さん忙しそう…そんな状況でたじろいでしまうヲレ。勇気を出すんだ!たった三文字じゃないか!そうさたった「好・き・だ」だけ…嗚呼っは!恥ずかしいっ!そんなっそんな事(違ッ かように第一声を発するに困難な状況であのメロディーがこだまする!!!


“きーら~らぁ~、きーら~らぁ~、きーら~らぁ~、まけなぁーい♪”

は!そうだそうだよ!こんな事であきらめちゃ駄目だヲレ!恥ずかしさなんてバイバイのバ~イ…っだ!!!

別腹さん 「あのっ!すみませんっ1人なんですが…」
店員さん 「恐れ入ります、席が空きましたらお呼び致しますので」

嗚呼!別腹さん!

寸殺!!!

小一時間待った所で甘ぁ~いお呼びの声(注:以下妄想)

店員さん 『べ・つ・ば・ら・すぅわわわわ~ん♪』(注:烈しく妄想)
別腹さん 『いっ、今行くよぉぉぉおあ~!!!』
お二人で 『あはっ♪あはははっ♪あはははははっ♪』(注:とめどなく妄想)

○ ○ ○ ○

○ ○

店員さん 「…ご注文お決まりになりましたらお呼び下さいませ」

席に案内されてメヌーを渡されるヲレ。そう言われて開口一番に『抹茶ぱへちょーらいッ!』と、店員さんの困った顔が見たいイケナイ別腹さんが耳元でささやいたが、そこはぐっと堪えてちょっと選ぶフリなんてしてみる。小一時間選ぶ演技を極めた所で、さぁっ!呼ぶべし呼ぶべしYOYOYO呼ぶべし!

別腹さん 「す…すびばせんっ」

いかん力入りすぎてるYO!気弱に言うもんだから店員さんも全然気づいてないYO!チョコっとでいいんだ!勇気を気持ちにデコレートさ!

別腹さん 「あの~…すっすびばせんっ!」

それでもヲレの声…ウェイトレスさんには届かないッ!オーアイセンドマイハーバッドオーマイガー!ハラキリゲイシャフジヤマトーキョー!!!それでも何とかこの熱い気持ち届けたい一心で注文を聞きにきてもらうヲレ。しかし落ち着き装うものの、遂に「注文」という最大の難関がっ!嗚呼別腹さん最大のピンッチ!!!はーおちつけ。ぐはぁーおちつけ。大丈夫。溺れないから。やれば出来る子だって先生いってた。しんこきゅーだしんきゅこー。すーはー、すーはー…

別腹さん 「ま抹茶ぱへとわらび餅のセットでおぬがいしましっ」

うひっ

キマッたぁぁぁあああ!!!
ほら見てよ店員さんのあの硬直した眼差し!ぜってぇー惚れたなうんうんありゃ真剣に惚れてんぞ!
…え?なになに?違う?あはー何言っちゃってんの?は?え?

ひ い て る ?

店員さん 「…かしこまりました」

あれあれ?をいをいをいをいYOYOYOよく考えてみるんだヲレ…たったた確かに今何かこう…し、視線っていうんですか?そうそう視線がですね、気持ち確かにイタかったような気がします!うん、そんな気がしてきた!気がするけどでも気がするだけだから気がしたつもりで気がしただけにしておこうあはー!だって注文した時点でヲレ

勝ち組だし!

うひゃひゃ勝った勝った勝ったよママン!ヲレ遂に注文したっ!立派に抹茶ぱへをオーダーしちゃった!28にもなって男一人で抹茶ぱへってカッコ良く言っちゃった!大人になったよー!そんな大人に育てた覚えないなんてつれないなアッハハァー…は…はは…はぁ…orz

かくして別腹さんは無事に抹茶ぱへを注文する事が出来たのであった…こんな別腹さんが何事もなく抹茶ぱへを賞味する事ができるのかっ?ウェイトレスさんとの確執はどうなっていくのか?(違ッ

ま て 次 回 !

第15回別腹スウィーツ『伊藤久右衛門の抹茶パフェ』(前編)」への5件のフィードバック

  1. mitsuko

    息子よ….一皮むけたな(`・ω・´)
    しっかし。。。
    もしかして一人で行くんじゃないだろうな?
    と、思っていたが、まさか!
    まさかまさかの本当に行くとは!
    まいったわ。またやられましたわよ( ゚д゚)ポカーン
    また後半も楽しみにしています。

  2. 別腹さん@管理人

    昨晩帰って参りましたー!!!
    いんやー濃ゆい2日間でした!!!

    >一人で行くんじゃないだろうな?

    そのまさかですよw
    人間なんだって出来るもんですね!
    ある意味ホントに一皮むけたかもです(ノ∀`)

  3. こと

    おかえりなされませ。
    かなりの大興奮気味ですね。はいどうどう。

    お一人様ぱへだったとは。。。

    ほれ、だからカバンにつめて連れてけといったのにw

  4. 別腹さん@管理人

    >>たみさん

    こないだはありがとうございました!
    思わずウチの兄弟の結婚式と
    照らし合わせて見てしまいましたよ 。・゚・(ノД`)・゚・。
    お芝居のレポート遅れてすみませんです。
    ひとしきり京都レポ終わったら書きますので!

    >心ワシづかみ・・・

    うわーい掴んでしまいました♪ムフフ
    メール頂いたお芝居にもまた行かさせて下さいね!

    >>ことさん

    >はいどうどう

    ブルッぶるるるルルル(=゚ω゚)”

    お一人様ぱへで一回りも二回りも
    自虐ネタに事欠かないようになりますた!(ぉ

    >カバンにつめて

    ちょwww
    だってだってボストンバッグには
    僕の夢と希望で一杯詰まってるって(ノД`)
    え?妄想ですって?

    そ ん な ハ ズ わ ! w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です