武豊さんの仕事観

 朝日新聞に4週連載のA・STAGEという求人情報欄があるのを、連載4週目に気がついた。んもう気づくの遅すぎ(・ω・`) 今日読んだのは競馬のジョッキー武豊さんが語る仕事論であった。

以下抜粋。

私は絶え間なく馬の血縁や情報を学び、頭に入れています(中略)一度も騎乗した経験のない馬でも、その個性はしっかりと把握しておきたいのです。
(省略)
それほどまでしてなぜ騎乗するのかと問われれば、ジョッキーとして求められるからだというしかないのですが、やはり可能性に対して欲張りだからでしょう(中略)まだまだいけるのではないか、自分と、そして馬の力量を試してみたい。仕事はそこに収束していくように思います。

 “馬に支えられている”との見出し。「まだまだである」というテーマ。さて、僕は何に支えられているのだろう?どんな可能性を、将来迎えたい自分に期待できるだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です