種谷睦子マリンバ・リサイタル

種谷睦子マリンバ・リサイタル「種谷睦子マリンバ・リサイタル
~レイチェル・カーソン生誕100年に寄せて」
2007年12月21日(金)いずみホール
出演:種谷睦子(Mrb)スヴェトラ・プロティッチ(Pf)

 大学卒業とともに打楽器の世界から脱線した僕が言うのは大変おこがましいのですが、かつて学生の時に師事させて頂いていた、種谷先生の演奏会に行ってきました。久々にみた先生は、以前にも増してパワフルで、そして相変わらず凛としていらっしゃいました。

【12月26日加筆】
 前回先生の演奏を拝見したのは多分3年以上前ではなかったでしょうか。その時と何らお変わりなく、そして以前よりもまた前進されている演奏をお聴きして、正直驚きと、そして改めて勇気を与えてくださった演奏会でした。

 当時、大学に入って一番やりたかったマリンバだったのに、なぜ諦めてしまったんだろう。今じゃその頃の自分に対して、後悔と後ろめたさしか思い出せない。

 演奏をお聴きしている間、レッスンに通ってた頃を思い出していました。先生の言ってる事が全然理解できない自分がいて、漠然とした状態で持ち帰り、何とか消化するために練習する。次のレッスンの時、ひとまず形にして持っていくんだけど、全く違ってたり…本当に駄目な門下生でした。

 先生の周りには、それは幼い頃から頑張って取り組んできた先鋭の人達がいて、大学に入ってから学ぼうとした自分に自信が持てなかったのか、それとも単に逃げたかっただけなのか。ハッキリ言える事は、僕は自分からピリオドを打ったという事だ。

 でも先生は、ひとり暮らしだからとご飯食べさせて下さって、栄養バランスがいいってレシピ書いてくださって、それなのに何で僕は止めたりなんかしたんだろう。本当に僕は馬鹿だ。

 終演後、今の僕ではまだ胸をはる事ができなくて、ご挨拶にお伺いできませんでした。先生は、まだ先生の音楽を追究されている。どんな事があっても、どんな形であっても、僕が続けてこれた今この音楽は、これからも続けていかなきゃいけないと思いました。そしてそれは出来る事なんだと思いました。

 いつか先生に聴いて貰える様、頑張らなきゃです。とにかく、手紙を書こうと思います。

2 Responses to “種谷睦子マリンバ・リサイタル”


  • なんだか素敵なお話やね。
    別腹くんはいつもいろんな状況からちゃんといろんなメッセージを受け取ってるよね。すごい感受性☆

    手紙送ったらとても喜ばれる事間違いなし(´∀`)

    次会うときは堂々と挨拶できるようになってることを願ってマス♪

  • >>いずみしゃん

    僕は昔から先生にだけは
    本当に恵まれてきたと思うんだな。
    幼稚園、小学校、中学校、高校、大学…

    かつて僕が自分が教える立場になった時も
    単に対象の物事を教えるだけだけでなくて
    その人とのコミュニケーションを重視できたのも
    本当に今までの先生がいてくれたからだと思う。

    ここまで書いておいて
    今販売っていう仕事で、操作方法を教える時
    それが出来てないな、って思ったよ。
    もちろん、教えるのが本業ではないし
    色んな事をしながらなので無理もないけど。
    他の作業に追われる中で人に物事を教えるって
    よっぽど人間的な余裕や器が大きくないと
    おおらかになれないもんなんだな。

    裏返していえば、それを学ばせて貰えてるのが
    今の僕の環境なんだと思うけど。

    >願ってマス♪

    ありがとう!

Leave a Reply